8月9日原子爆弾投下 平和式典が行われる平和公園の全容、あの日を忘れない・・ 

kinenzou長崎の観光地
この記事は約4分で読めます。

昭和20年8月9日、長崎に原子爆弾が投下されました。その3日前の8月6日には広島に。
そして8月15日、戦争は終わりました。

日本の2ヶ所に落とされた原子爆弾。第2次世界大戦末期に投下された2つの原子爆弾は、日本の敗戦と終戦を決定的にしました。長崎の歴史を語る時、決して忘れてはいけない悲しい出来事。

毎年8月9日には長崎市の平和公園では平和記念式典が行われます。この日は総理大臣やアメリカの要人も参列します。世界中が祈りに包まれ平和を願う日です。今年2018年8月、広島、長崎は原爆投下から70年目を迎えます。

平和公園

平和公園は長崎市松山町に作られました。松山町は原爆投下中心地と、その北側にある小高い丘一体を平和公園として5つのゾーンで構成されてます。

願いのゾーン 平和記念像地区

平和公園は5つのゾーンで成り立っているということでしたが、私達長崎市民が「平和公園」と言うとこの、平和記念像がある願いのゾーンのことを指します。ここには「平和記念像」「折り鶴の塔」「長崎の鐘」「平和の泉」「世界平和シンボルゾーン」が配置されています。

平和記念像

平和記念像の製作者は長崎出身の彫刻家「北村西望(せいぼう)」氏、文化勲章受章を受賞するなどの日本を代表する彫刻家です。

高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅で作られていて長崎市民の平和の願いを象徴しています。西望氏はこの記念像に、神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は「原爆の脅威」を、水平に伸ばした左手は「平和」を、軽く閉じた瞼は「原爆犠牲者の冥福を祈る」という想いを込めて制作しました。

8月9日は「ながさき平和の日」と定められこの記念像の前で平和記念式典が執り行われます。記念式典の前には平和記念像はきれいに清掃されます。

平和の泉

原爆を受けた直後の人々は全身にやけどを覆った状態になりました。逃げ惑う人々は「水、水」と水を探し求めさまよい、やっと見つけた池で水を飲みながら亡くなっていきました。
その魂に水を捧げたいという願いのもとにこの泉は作られました。
泉の正面には被ばくした少女の手記が以下のように刻まれています。

「のどが乾いてたまりませんでした 水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました どうしても水が欲しくて とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」

祈りのゾーン 原爆落下中心地地区

原爆落下の中心地があるこのゾーンには「原爆落下中心碑」と「母子像」が設置されています。

原爆落下中心碑

11時02分一瞬にして多くの命を奪った原子爆弾はこの500メートル上空で炸裂しました。
今なお毎年当時の被爆でなくなる方は後を絶ちません。塔の前には原爆の犠牲になられた方々の名前を奉安している原爆殉難者名奉安箱を設置しています。

母子像

21世紀にはばたく日本の未来を、偉大なる母の慈悲心と温かな母の胸で眠る傷心の子供の姿で表現しています。

学びのゾーン 長崎原爆資料館

平和公園から少し上に上ったところにある資料館です。「長崎原爆資料館」「平和会館(民族資料館)」「国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」があり、原爆についての資料や当時の様子などを見ることができます。

長崎原爆資料館

原爆投下直後の長崎の様子を写した写真、被爆した様々な品々などふぁ展示されています。修学旅行生も多く、被爆体験の話を聞ける部屋や記録映画を上映しているビデオルーム等もあり、戦争の悲惨さ、原子爆弾、核の恐ろしさなどを学べる施設です。

観覧料
個人 200円(一般) 100円(小・中・高校生)
団体 160円(一般) 80円(小・中・高校生)
*団体 15名以上 小学生未満は無料

開館時間
4月、9月~翌年3月 午前8時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
5月~8月 午前 8時30分~午後6時30分(入館は午後6時まで)
8月7日~9日  午前8時30分~午後8時(入館午後7時まで)

問い合わせ先
長崎原爆資料館
〒852-8117 長崎市平野町7-8 電話番号095-844-1231

スポーツのゾーン、広場のゾーン

隣接して野球場、サッカー場、プールや陸上競技場などがあり、市民のためのスポーツをしたり憩いの場となっていたりします。

平和記念式典

毎年8月9日、祈りのゾーンの平和記念像の前で「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が執り行われます。学生は夏休み中ですが、8月9日は登校日となっていて、平和学習をします。

11時02分、長崎の街にサイレンが鳴り響き、みんなが黙とうをして犠牲になった方のご冥福と、二度と戦争を起こさないと、新たに平和への思いを確認します。長崎は平和記念式典で全世界へ、核兵器廃絶と恒久平和のメッセージを訴え続けています。

まとめ

  • 平和公園とは5つのゾーンで構成されている
  • 平和式典があるのは祈りのゾーン平和記念像の前
  • 原爆資料館では平和学習ができる
  • 8月9日の長崎は原爆の日で特別な日

いかがでしたか?
伝統と文化の街長崎は原爆の街という悲しい過去も持っています。今も世界のどこかで戦争が起こっています。長崎は率先して核兵器廃絶と世界平和を訴えていく街です。どうか皆さんも、ぜひ長崎の体験を学びに来んね(こんね)長崎!!

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。