長崎駅 かもめ広場イベント情報!!「かきフェス」初開催【2019年1月26日から】

長崎のトピックス
この記事は約3分で読めます。

こちらでは、日々長崎で行われているいろんなイベント情報をお届けするコーナーです。

地元の人はもちろん、長崎に観光で訪れた方も、「今日はこんなイベントがあってるから行ってみよう」と、長崎を楽しむための情報の一つにしていただければと思います。

 

今回は1月26日から、長崎駅かもめ広場で開催される、小長井牡蠣(こながいかき)フェスティバル「かきフェス」についての情報です。

スポンサーリンク

長崎駅 かもめ広場

長崎駅改札口を出ると、ショッピングセンター「アミュプラザ」がありますが、その間に広場があります。

この広場は全天候型なので、雨が降っても大丈夫。名前を「かもめ広場」といいます。

「かもめ広場」ではいろんな短期イベントが開催されていて、長崎駅に降り立った人はもとより、長崎市民の楽しみの場になっています。

今回1月26日から2月3日まで開催されるのは、なんと牡蠣小屋を模倣した「かきフェス」です。

実は私も今日、長崎駅を通りかかって、初めて「かきフェス」開催の事実を知りました(*´Д`)

これは、みんなに知ってもらわなきゃ!!と思ってまとめてみましたよ。

 

かきフェス情報

kakifes1

 

開催期間
1/26(土)~2/3(日)
時間
平日/16:00~21:00 土日/11:00~21:00
場所
長崎駅 かもめ広場

料金

カウンター席(1~2名)・・・ 300円/ 1時間
テーブル席(3~4名)・・・ 500円/ 1時間
※ テーブルには椅子を2脚まで追加可能!最大6名さまで利用できます。
※ 牡蠣焼きに必要な道具は全て用意してます。

メインの牡蠣(1,000円/1袋)
ほかにも サザエ・ハマグリ・ヒオウギ貝・エビ・イカ・おむすびやイカの一夜干しなどのサイドメニューも充実。
炭火焼には欠かせないドリンクの種類も豊富です。

という案内板がでていました。

kakifes2

ほぼ準備が完了した会場はこんな感じです。

こちらはテーブル席ですね。

洋服や髪の毛にかきを焼くにおいが染みつきます。丸洗いできる服装で行くのがおすすめです。
かき焼きはかきがパーンとはじけ飛ぶことがあります。注意して焼いてくださいね。
スポンサーリンク

小長井の牡蠣

kakifes3

 

今回のかきフェスタは小長井漁協(こながいぎょきょう)とアミュプラザ長崎がタイアップした初のイベントです。

小長井は長崎駅付近から、高速で車で1時間ほどのところにあります。

有明海を望む小さな町で、牡蠣がおいしいと有名な場所です。

冬は小長井の牡蠣小屋はとても人気がある場所ですが、その牡蠣小屋を、長崎駅に再現したわけですね。

小長井直送の新鮮な牡蠣を小長井の牡蠣小屋と同様、自分で焼いて食べる形になっていて、本場の味と雰囲気を堪能できそうです。

かきフェスまとめ

2019年1月26日から2月3日までのわずかな期間ですが、なかなか長崎市中心街で、かき小屋はありません。

寒い時期ですが、かき焼きは炭火グリルで焼くので、意外と温かいですよ。

軍手やかきナイフは貸してもらえるようです。

かきの他にも、サザエや貝など、新鮮な長崎の海産物も食べれるようです。

さー明日から楽しみ。私も期間中にぜひ行ってみたいと思っています。

長崎駅に降り立ったあなた。びっくりしないでくださいね。

ぜひ、長崎の味を楽しんでください。

スポンサーリンク
長崎のトピックス
スポンサーリンク
ながこをフォローする
来んね(こんね)長崎!!
テキストのコピーはできません。