世界文化遺産の軍艦島 廃墟のビルがそびえ立つ無人の島をクルージングで上陸しよう

長崎の観光地
この記事は約5分で読めます。

長崎の海といえば軍艦島ですね。

世界文化遺産に認定された軍艦島は今や長崎の観光名所として日本国内はもとより世界中からもたくさんの方が訪れてくださる有名な島になりました。

炭鉱の島として輝かしい日本の最先端を担い、時代の流れに廃墟の無人島となってしまった「軍艦島」

今からの季節、長崎の海はとっても気持ちがいい時期です。

軍艦島クルージング観光をするのにも素敵な時期。

お出かけする前に軍艦島の予備知識をこちらで仕入れていきましょう。

一味違った軍艦島観光になりますよ。

スポンサーリンク

軍艦島の歴史

軍艦島は 長崎港から18Km離れた海の上に浮かんでいる島です。

形が軍艦に似ていることから「軍艦島」と呼ばれていますが本当の名前は「端島(はしま)」。

明治23年頃から良質の炭を供給するようになり、昭和の炭鉱業が全盛期だった頃は小さな島に5300人の人が生活をしていました。

大正5年には日本初の鉄筋コンクリートの高層アパートが続々と建てられ、小中学校や病院、映画館や小料理屋、娯楽施設など最先端の設備と技術が島に集結して華やかな生活が送られていました。

今ではビルの屋上を緑化するのは当たりまえですが、 軍艦島ではこの頃からすでに青空農園を作り緑化活動がされていました。

昭和に入り、エネルギーは炭から石油へ移行する中で炭鉱業はすたれていき、栄華を誇った軍艦島も昭和49年に閉山、島民はだれもいない建物だけの島となりました。

 

 

世界文化遺産に認定

無人になった軍艦島ですが、日本最初の高層ビルや炭鉱跡などとっても貴重なものがたくさんある島です。

誰もいなくなった島ですが海外映画のロケやドラマ、ミュージックビデオなどで使用されるようになり注目を集め始めました。

そしてかつて生活していた方々が軍艦島を保存する活動をされて平成27年軍艦島は世界文化遺産として認定されました。

私が子供の頃の軍艦島は、長崎から見ると、ビルがニョキニョキそびえていて本当の戦艦のようでしたが、無人で荒れている感じが伝わってきてちょっと怖い島として見てました。

ところが文化遺産として申請活動が始まる少し前くらいから、とっても観光客も増えて軍艦島に船で近づく人がいたり、魚釣りをする人がいたり、だんだん明るい島になってきたなあという感想です。

スポンサーリンク

軍艦島クルージング

軍艦島は陸続きになっていないので船で行きます。

軍艦島には誰でもが上陸できるわけではなく、見学ツアーを申し込む必要があります。

見学ツアーは数社がおこなっていますが島周辺を回遊するだけのものと、上陸して島内を散策できるものとがあります。ただし上陸は天候も影響します。

波が高かったり荒れていると上陸禁止になり島に近づくだけで帰らないといけません。

 

冬より5月あたりからが海も穏やかな時期が増えますね。夏休みは多くの観光客で船も満員になります。後半は台風などもやってきますのでクルージングを計画する時は時期選びも大切ですね。

 

 

軍艦島観光をお泊りで行くなら

軍艦島見学に遠方から来られる方にお勧めなのが「Alega軍艦島」⇒あれが軍艦島!!
なんともそのまんまのネーミングがアルファベットで書いただけでお洒落になりました。

こちらは軍艦島が正面に見える海沿いのホテルです。

長崎市内から車で40分ほど南に走ります。
このコースは長崎でも有名なドライブコースです。
ホテルは野母崎(のもざき)という長崎市の最南端にあり、そこに行くまでは海沿いを軍艦島を横に見ながら、また夕日が海に沈むところを見ながら走っていけます。

ホテルにあるレストランは長崎港でとれた新鮮な魚介類のお料理、お刺身や海鮮丼がおいしいですよ。

館内にある温泉は全国でも希少な天然炭酸温泉、きめ細かな炭酸の泡がお肌をツルツルにしてくれます。

そしてお部屋は軍艦島が見えるオーシャンビュー、自然の中でリッチに癒されるひと時を過ごせます。

軍艦島クルージングの予約もできるので宿泊予約のときに問い合わせてくださいね。

 

こぼれ話☝

船で島周辺を回遊すると魚釣りをしている小舟がたくさんいたり、イルカの大群に出会うこともあります。

実は最近話題になったのが夜光虫クルージング
夜の海を軍艦島へ走らせると波が刺激になって赤潮が原因となるクランプトンが青い光を放ち
幻想的な青い海になります。

この夜光虫クルージングは、天候や季節にもよります。

いつとは決まってなくて、軍艦島と対岸の野母崎漁港の漁師さんが「今日行こうか」と周辺の人達を集めて行っているのです。

ちなみに今年(2018年)は3月に行われました。

夕暮れ時に出港して暗くなった海が真っ青に光る、今年は特にきれいだったそうです。

私も一度みてみたいものです。

 

まとめ

今回は、「世界文化遺産の軍艦島 廃墟のビルがそびえ立つ無人の島をクルージングで上陸しよう」をお届けしました。

  • 世界文化遺産の軍艦島は最先端の島だった
  • 軍艦島クルージングは時期が大事
  • お泊りなら軍艦島を一番近くで見れるホテル
  • 神秘的な青い海が見れる

世界遺産の軍艦島は、日本の歴史上とても貴重な島なんですね。

海に浮かんでいるその姿は本当に軍艦の形をしています。

軍艦島に沈む夕日はとってもきれいです。

あなたも一度上陸して島の生活や炭鉱跡など貴重な施設を見学してみませんか?

今度のお休みは来んね(こんね)長崎!!へ

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。