Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tumiki/konne-nagasaki.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tumiki/konne-nagasaki.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tumiki/konne-nagasaki.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tumiki/konne-nagasaki.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tumiki/konne-nagasaki.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

長崎の伝統料理「卓袱料理」とは?おすすめのお店をピックアップ

sipoku長崎のグルメ
この記事は約5分で読めます。

長崎には卓袱料理(しっぽくりょうり)という伝統料理があります。

朱塗りの円卓に一人ずつではなく、大皿に盛られた料理をみんなで卓を囲み、小皿にとって食べます。

長崎の伝統料理、卓袱料理はおもてなしの料理として古くから伝わる家庭料理でした。

現在は、料亭や割烹料理屋でいただく料理ですが、長崎に住む私達は結婚式でよくいただく料理です。

卓袱料理とはどんな料理があるのか。

どこに行けば食べられるのか。

今回は長崎の伝統料理「卓袱料理」についてお届けします。

スポンサーリンク

 

卓袱料理

長崎は鎖国時代に唯一西洋と交流を許された土地でした。

そのためオランダ、ポルトガル、中国などの貿易船が入港し、いろんな文化が持ち込まれました。

食文化も栄えましたがいろんな国の人達に合うように、とできたのが「卓袱料理」です。

 

和華蘭(わからん)料理

卓袱料理は日本の和(わ)、中国の華(か)、オランダの蘭(らん) この和、洋、中が融合してできた料理です。

別名「和華蘭(わからん)料理」とも呼ばれています。

 

余談ですが、長崎弁では、知らない、わからないということを「わからん」と言います。

「和華蘭料理」はどこの国の料理か「わからん」って意味もあるとかないとか・・・

 

卓袱料理のスタイル

卓袱料理は朱塗りの円卓を数人で囲み、大皿に盛られた料理を直箸でとりわけていただく料理です。

当時の日本の食卓は一人に一つのお膳だったので、このスタイルは斬新なものだったようです。

 

はじめは「尾ひれ」

 

最初にでてくるのはお椀にはいったお吸い物で「尾鰭(おひれ)」といいます。

この尾鰭とは鯛のヒレが入ったお吸い物で、「お客様一人一人に鯛一尾を使っておもてなしをいたしました」というおもてなしの心が込められているそうです。

料亭でいただくときは女将の「尾鰭をどうぞ」という言葉でお食事が始まります。

結婚式でのお料理でも一番最初に尾鰭だけが配られ、司会者が「まずは尾鰭からどうぞ」と言い、みんなが一斉にお吸い物をいただきます。

その後、料理が次々と運ばれてくる流れです。

 

和・洋・中のメニュー

  • 尾鰭の後にはお刺身やてんぷら、
  • 豚の角煮、野菜の煮物、
  • 茶碗蒸し、ごはん、お漬物、
  • しめに紅白の餅入りお汁粉

ざっとですがこんな流れで次々にお料理がでてきます。


こちらは「バスティー」

卓袱料理には必ず出てくるお料理です。

バスティーの語源はポルトガル語でパスタの意味です。

鶏やネギ、フカヒレが入ったスープが中に入っていて上の網目状の生地を崩して浸しながら食べます。

 

そして長崎名物でもある豚の角煮。

こちらは牛皮に包んで食べる角煮饅頭としても有名ですね。

スポンサーリンク

 

卓袱料理をたべることができるお店

卓袱料理は料亭で食べることが出来ますが少しお値段がはります。
老舗の料亭からお手頃価格でいただけるところなどピックアップしてみました。

史跡料亭 花月

老舗の料亭の中でも観光の一部として有名な料亭です。

坂本龍馬や井原西鶴など歴史に登場する人物たちが通った料亭で貴重な資料がたくさん残っています。

料亭だけではなく史跡として、また美しい庭園なども見どころのひとつです。

歴史好きな人や、坂本龍馬のファンには大切な場所です。

 

お値段 15000円~(一人)     ランチ 8000円~
住 所   長崎県長崎市丸山町2-1
電話番号  095-822-0191

 

料亭 一力

こちらも200年の歴史を誇る老舗料亭

花月同様、明治維新の重要な人物たちが通った伝統的な歴史の重みあるたたずまいの料亭です。

 

お値段 12960円 (一人)   ランチ 7776円
お昼のお手軽ランチに姫重しっぽく  3240円
住 所   長崎県長崎市諏訪町8-20
電話番号  095-824-0226

料亭・御宿 坂本屋

純和風の落ち着いた個室でお食事がいただける料亭です。
宿泊もできますし、お食事だけでも大丈夫です。こちらはお値段もリーズナブルです。

お値段  8640円~(一人)   ランチ 3240円~
住 所   長崎県長崎市金屋町2-13
電話番号  095-826-8211

長崎卓袱 浜勝

こちらはトンカツで有名な「浜勝」。

本店だけは卓袱料理を食べることができます。

料亭は予約が必要なのですがこちらは予約なしで一人からでも注文OK

おひとり卓袱といってもきちんとした卓袱料理です。

お値段   6372円  4212円  (終日、2コース)
住 所   長崎県長崎市鍛冶屋町6-50
電話番号  095-826-8321

 

長崎と坂本龍馬 長崎を愛した幕末のヒーローに出会える観光コースはこれだ
長崎といえば幕末のヒーロー、坂本龍馬を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?坂本龍馬ファンにとっては、長崎という場続きを読む

 

まとめ

 

  • 長崎の伝統卓袱料理は和・洋・中のコラボレーション
  • 卓袱料理はおもてなしの心がつまった料理
  • 卓袱料理をいただけるところは歴史的にも価値ある料亭
  • お手軽ランチでいただける卓袱料理

いかがでしたか?

少しお値段がはる卓袱料理ですが、それだけの価値がある歴史のあるお料理です。

お手頃価格のランチもありますのでまずは卓袱料理ってどんなものかランチから入ってみるのもいいのではないでしょうか?

長崎の伝統料理卓袱料理を食べたくなったら来んね(こんね)長崎!!

スポンサーリンク
長崎のグルメ
スポンサーリンク
ながこをフォローする
来んね(こんね)長崎!!

コメント

テキストのコピーはできません。